質屋について

8月 31st, 2014 /

質屋ってどんなところだかご存知ですか?質屋とは簡単に説明をすると、何かしらの所有している物品を「質」として預け、そして期限を決めて、その物品に値する「金銭」を貸すというところです。

お金を借りることができるところということですが、担保を出して借りるという感じでしょうか。

期限内に金銭を返済すれば、質とした物品は返してもらうことができます。

質屋はお金を借りるところではありますが、消費者金融などの貸金業とは異なり、質屋営業法という法律に基づく業種となります。

質屋では、盗品などを質とする犯罪を防ぐ為に管理されており、都道府県公安委員会の許可が必要となります。

質屋の歴史はとても古いもので、日本では鎌倉時代から始まったと言われており、元は造り酒屋の兼業とされていたそうです。

鎌倉時代は一揆などで打ち壊しをされたりと混乱の時期でありましたが、江戸時代に入ると、経済活動が盛んになり、質屋も安定してくる様になったそうです。

当初は呉服などの衣類、布団、鍋や釜などの生活雑貨などを質とし、金銭を借りるという利用方法でしたが、次第に物が豊かになってくると、電化製品や高級ブランドを質に入れるという利用方法に変わっていきました。

現在の質屋は貸付をするところというよりも有名ブランド品などの買取や仕入れをして販売するところが増えてきていて、質屋が定期的に行う販売イベントなどはテレビなどで特集されることもあるのでご存知の方も多いでしょう。

ちなみ質屋の情報については、コチラのサイト⇒質屋の知らないことが詳しいかと思います。